NO091期待されないって、寂しいけど、大変ありがたい状況です。

こんにちは。

2万人の怒っているお客様

に対応してきたクレーム減少

エンジニア講師。

吉田誠です。

ワールドカップでの

ベルギーとの試合。

日本が海外からも

評価されていますね。

予選リーグのポーランド戦では

酷評していた中国も

この試合は称賛しているとか。

何かの記事で

世界が手のひら返し

と言っていました。

こういう、

手のひら返しって

良いですよね。

本当はほめたい

でも、

これまでのことがあるから

そう素直に言えない。

世間では、そういうこと

よくありますよね?

それに比べれば

手のひら返しも

素直な対応

ちょっとムカつくけど

良しとしましょう。

ベルギー代表の主将

エデンアザール

日本代表は信じられないほど

素晴らしいチームだった。

彼らは今日のようにプレーすれば

どこにでも勝つことができると思う

ベルギーの

ロベルトマルティネス監督は、

非常に難しい試合だった。

我の実力というか、

状況に応じるための力を

試されるような内容だったと思う

ベルギー代表は、選手も監督も

試合前に、

日本を侮ってはいない。

ということを言っていました。

でも、

たぶんそれは紳士的な対応。

もう少し簡単だと

おもっていたのでしょう。

世界トップレベルの対戦相手から

評価されるのは

嬉しいですよね。

そして、

FIFAからは、

日本はこの大会に貢献した。

という趣旨の

コメントが。

このコメントを見て、

ひねくれている私

ふと

こんなことを思った。

FIFAや世界の人たち。

別の国が決勝トーナメントに

勝ち進むことを望んでいたのでは?

他のチームの方が

大会が盛り上がるのに。

そう思われていたのかも

しれませんね。

私たちは日本人ですから

当然、日本を応援。

日本が出場することが

嬉しいこと。

でも、

日本人以外だったら

ベルギーと別の国との

対戦が見たかった

そう思う気持ちがあっても

不思議はありません。

今回の試合は

世界から

期待されて

いなかった。

一方的で

つまらない試合に

なると思っていた。

実は、私たち日本人も、

心の奥底でそう考えていた。

でも、

思たより良かった。

ということ

なのでしょうね。

この試合。

よくよく、考えれば、

先制しながら

逆転されたという試合。

もし、

相手が同等、もしくは

格下の相手だったら?

酷評ですよね。

コメンテーター、評論家から

絶対にあっては

いけない負け方

次につながらない

負け方。

みたいに

言われているはずです。

今頃、テレビで

監督、選手ボロクソ。

だったはず。

今、

評価されているのは

想像以上

予想外

だからです。

評価というのは

相対的なものです。

そう考えると

期待されていない。

これは、

決して悪い状態ではありません。

世間の人は、エンジニアに

コミュニケーション上手を

たいして期待していません。

私たちに期待されているのは

技術です。

その技術に

ちょっとしたコミュニケーションの

テクニックを加える。

期待していない分

想像以上に評価されます。

そんなに凄くなくても

評価されます。

他のエンジニアより

グンと評価が高くなります。

コミュニケーションは

スキルです。

初めて見てください。

では、また。